リンク先手助けのアンカーテキスト

適切に設置された「アンカーテキスト」は、検索エンジンだけでなく、ユーザーに対してもリンク先ページの内容を理解する手助けとなります。アンカーテキストとは、リンクが設定されたテキストのことです。設定するときは、クリックした先のページの内容がわかるよう、簡潔なテキストを設定することが大切です。Googleは、アンカーテキストのリンクを見て、リンクとコンテンツの関連性を把握し、信頼度を測る際のシグナルとして評価しています。「リンク」は、外部のWebサイトとのリンクばかりではなく、同一サイト内のコンテンツ同志のリンクも含まれ、検索順位に影響する要素です。「こちら」、「次へ」といった曖昧な言葉をアンカーテキストリンクに設置すると、わかり難いリンクとなるため、注意しましょう。リンク先のページ内容と関係のないテキストに設置するのも、ユーザーの利便性を損ねるため、リンク先のコンテンツと無関係のテキストにリンクを設定しないようにします。SEO(検索エンジン最適化)を意識し過ぎてキーワードを詰め込むのもダメ。リンクであることがわかる書式にする。たとえば「青背景に青いリンクテキスト」では、ガイドラインで禁止されている隠しリンクのようになってしまいます。ユーザーが見て、一目でリンクだとわかる書式を心がけましょう。ナビゲーションメニューがテキストで編集できる場合は、使いやすいアンカーテキストとなるように配慮しましょう。テキストではなく画像の場合には、アンカーテキストの代わりにalt属性を編集することで、同様の効果が得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です