使い辛いメールフォームとは

メールフォームは潜在的な顧客であるユーザーを囲い込むためにも、気軽に利用してもらえるようなツールでなければなりません。しかし一部のサイトでは、ユーザーが抵抗を覚えるようなメールフォームが設置されています。具体的には、入力項目が多くて煩雑な印象を与えるフォーム、必須項目が個人情報に当たるフォーム、入力し辛いフォーム等が挙げられます。これらに共通するのは、ユーザーに「面倒くさい」と思われている点です。裏を返せば、ユーザーが手軽に入力して終わらせることのできるメールフォームであれば、囲い込める可能性が高いのです。筆者がお勧めするのは、氏名、メールアドレス、お問い合わせ内容以外の項目を設けないことです。そうすれば抵抗を覚えるユーザーは激減するでしょう。電話番号もまた個人情報ですから、必須項目にすべきではありません。ところでメールフォームの仕様はバリエーションが少ないですから、よりシンプルな造りにするだけで構いません。ヘッダーやフッターにリンクを貼るのはもってのほかですし、必須項目と任意項目は色分けして分かりやすい見た目にします。お問い合わせ内容の項目は余裕をもたせて広く、高くした方が良いでしょう。狭ければ入力中に不便を感じるものです。因みにASPを利用すれば、メールフォームだけでなく、注文フォームや会員登録フォームも自動で最適化され、ユーザーにストレスを与えなくて済みます。もちろんレンタル料は発生しますが、費用対効果を考えると安いのではないでしょうか。カスタマイズも出来ますから、不満があればすぐに仕様を変えることも出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です